コラム

ガラスの周辺部にも気をつけましょう

窓ガラスの嵌めこまれているサッシをよく見ると、ガラスとサッシの間に何かゴムのようなものが挟まっているのを見たことはありませんか? 通常、ガラスとサッシの間はグレイジングチャンネル、もしくはグレイジングビードというゴム製のパッキンが差し込まれています。 これにより、ガラスとサッシが直接触れるのを防ぎ、更に隙間を塞いで、雨水や冷気の侵入を防ぐ役割があります。 ガラスとサッシは素材が異なるものなので、暖められたり、冷やされたりするとそれぞれ違った割合で膨張・収縮します。もしグレイジングがない状態だと、ガラスとサッシが直接触れ合うので、こうした膨張・収縮により割れてしまうことがあります。また、サッシからの振動が直接ガラスに伝わるので、開閉時の衝撃でガラスが割れる事も想定されます。グレイジングがある事で、ある程度の衝撃や膨張・収縮の差を吸収し、ガラスやサッシが損傷するのを防いでいるわけです。 しかし、サッシやガラスと異なり、グレイジングは太陽光や湿気により劣化していきます。寿命を超えて使用されたグレイジングは、元々の弾力性が失われてひび割れてしまって、本来の役目を果たさなくなります。 ガラスだけでなく、ガラスの周囲についての修理、交換のご依頼も当サイトまでご相談下さい。

0800-805-5858



通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-5858

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

私たちが24時間365日サポートいたします

0800-805-5858

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。